2009年1月30日金曜日

Westone3


これは、もう別世界への入り口ですね.この音を聞いたら他のイヤホンは、いらないでしょ・・・・・ちょっとオーバかなぁ?
低域・高域・ボーカルの透明感、アコースティクギターの響きは、絶品です。

イヤーパッドが数種類付いていますがこのタイプが自分には、ベストでした。
イコライザーの話・・・・。
メーカー推奨は、フラットで聞いてくださいとの事ですが僕は、ipodのBassReducerと言うイコライザーを選択しました。余力を残してベースが鳴っている感じで高域とのバランスもいい感じ に自分は、感じています。
Westone3には、付属イヤーピースがかなりの種類入っています。
低反発のイヤーピースも良いのですがフワフワの感じが低域に締まりの無さを作り出して いる様な気がして気になっていました。
そこでUM-1のイヤーパッドをWestone3の付属のピースと交換してみました。ルックスもこちらの方がいい感じ。
この状態でUM-1をipodラウンドネスのイコライジングで聞くとWestone3のBassReducerで聞いたサウンドとかなり近い物になりました。
イヤーピースでかなり雰囲気が変わる物ですね。Westone3を聞いたらUM-1を聞かなくなってしまうと思っていましたが・・・それは、無くなりました。
かなり極上のサウンドです。
Westone3は、届いたばかりなのでまだ何とも言えませんが少し聞いて、いじっただけでも変化が楽しめて楽しいイヤホンですね。
両機種の聞き比べは、まだまだ続きそう。シュア・・・・そんな物何処かへ消えちゃいましたね。Westone3の実力は、そうとうなものですね。
UM-1もイヤーピース交換イコライジングで聞くと悪く無いイヤホンと言えます。

上の文章を書いてから1週間音の聞こえ方が変わって来ましたね、不思議です.イコライザー無しフラットの状態で3機種とも
聞ける様に耳の方がエイジングされて来たみたい。(笑)
Westoneは、奥が深いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿