2009年1月31日土曜日

Westone3の内部構造


ドライバー:バランスドアーマチュア型(×3基)

Westoneエイジング?


UM2が他の機種と装着感が若干違った感じがします.ノズルの部分を付け足した分その影響が出ていると思います。
見た目のインパクトは、UM2が一番かなぁ.UM2が手元に来たおかげでUM1のパッドをロングにする事でUM2と同様の装着感に
近づく事が自分の耳の構造で確認出来た。この辺は、個人差があるのでイヤーパッドを色々試す必要が有りそう。

一台ずつ購入して一つずつ音を確認して来ましたが3台を聞き比べながらの音確認で印象が一台ずつの時とかなり違ったのには、
びっくりします。過去のブログでレビューをその時の気分で書いて来ましたが、日々音色の感じ方が違うのであまりあてにならないですね。
音が良いと言う事だけが確かな事ですが。

現状では、3機種ともipodイコライザーオフで聞いています。
エイジングとは、自分の耳がそのイヤホンに慣れる事かもしれないですよ。

Westone3機種の外観比較写真

ユニットが3個入っているとは、思えないくらい計量でコンパクトにまとまっている.UM1と2を足して割った様なデザインに感じるのは、僕だけかぁ?


UM2は、ノズルの部分が別のパーツで作られていてボディーに接着されている.ユニットが2個なので大きくなっているwestone3と比べると違いが面白い。


UM1のイヤーピースを外したノズルの形状UM2と比較すると面白い、ユニットが一つ少ない分小型になっている。


2009年1月30日金曜日

ボーズ・アコースティクウェーブ・ラジカセ


このラジカセが普通じゃない、さすがボーズの重低音この音がイヤホンで出るならかなりの優れもの。
Westone3は、この重低音に迫る者が有る.UM2は、悪く無い音だが低音の質が違う、残念だがUM1は、論外・・・残念、バランス型
一基じゃそりゃ無理な話。さすが3基搭載のWestone3は、強力である。
このラジカセ旧モデルだが当時30万近くしたと思う.現在モデルチェンジしてもう少し安くなっているみたいだが20万は、超えてたかなぁ。恐ろしいラジカセだ!!

イヤーパット購入UM2 VS E5c




WestoneUM2上は、、シュアのE5c下とそっくりだし、シュアのパットも互換性があるようだ。

今までに購入したイヤホン達


今後も増え続けるであろうイヤホン達

外箱パッケージ



Westone UM2

Westone 3

Westone UM1

3機種のうち最後に購入


UM2が最後になってしまった.westone3を買ったらもういらないし確信していたのに・・・・・。
甘かった・・・、Westoneの魅力に取り付かれると結局全部欲しくなってしまう。

UM2は,一番癖が無く上も下も丁度良くボーカルも気持ちがよい。ipodイコライザーフラットで良い感じです。
UM2クリスタルの中にバランスドアーマチュアのスピーカーが2個入っているのが確認出来ます。
後ろがUM1スピーガーが一つしか入ってません。

westone UM1


初めては、やっぱり低価格のUM1からじゃなくちゃ手が出ませんでした。
サウンドを聴いてみました!!
バランスがものすごくとれています。
何処の音域がどうのこうの・・・・、思い当たりません.癖がないと言う事ですか。
今まで買ったイヤホンは、あそこがもう少しって聞いた瞬間に思う。
Westone イヤホン UM1は、それが無い。

良い音で自然に音楽が聴ける。

イヤーバッドで音色がかなり変化しますね.面白い!!

Westone3


これは、もう別世界への入り口ですね.この音を聞いたら他のイヤホンは、いらないでしょ・・・・・ちょっとオーバかなぁ?
低域・高域・ボーカルの透明感、アコースティクギターの響きは、絶品です。

イヤーパッドが数種類付いていますがこのタイプが自分には、ベストでした。
イコライザーの話・・・・。
メーカー推奨は、フラットで聞いてくださいとの事ですが僕は、ipodのBassReducerと言うイコライザーを選択しました。余力を残してベースが鳴っている感じで高域とのバランスもいい感じ に自分は、感じています。
Westone3には、付属イヤーピースがかなりの種類入っています。
低反発のイヤーピースも良いのですがフワフワの感じが低域に締まりの無さを作り出して いる様な気がして気になっていました。
そこでUM-1のイヤーパッドをWestone3の付属のピースと交換してみました。ルックスもこちらの方がいい感じ。
この状態でUM-1をipodラウンドネスのイコライジングで聞くとWestone3のBassReducerで聞いたサウンドとかなり近い物になりました。
イヤーピースでかなり雰囲気が変わる物ですね。Westone3を聞いたらUM-1を聞かなくなってしまうと思っていましたが・・・それは、無くなりました。
かなり極上のサウンドです。
Westone3は、届いたばかりなのでまだ何とも言えませんが少し聞いて、いじっただけでも変化が楽しめて楽しいイヤホンですね。
両機種の聞き比べは、まだまだ続きそう。シュア・・・・そんな物何処かへ消えちゃいましたね。Westone3の実力は、そうとうなものですね。
UM-1もイヤーピース交換イコライジングで聞くと悪く無いイヤホンと言えます。

上の文章を書いてから1週間音の聞こえ方が変わって来ましたね、不思議です.イコライザー無しフラットの状態で3機種とも
聞ける様に耳の方がエイジングされて来たみたい。(笑)
Westoneは、奥が深いですね。

Westoneイヤホンとの出会い


イヤホンデビューは、今から2ヶ月前ipodに付属のイヤホンで充分良い音だと思っていましたが、雑誌に「ふと」目をやるとイヤホン特集がやたらと目に付く様になって来ていました.しかし付属のイヤホンで満足していた者にとって高額イヤホンは、信じられない金額。
まずは、低価格イヤホンを数本買ってから音が良くなるか確かめてからでも遅くは、無い。

ここからがイヤホンコレクターのはじまりですね。
ipodnano・touchを所有PCももちろんMac、根っからのMacファンです。

アップルから新しいイヤホンが9700円で発売されると言う事で即購入。
これがバランスドアーマチュアと言う方式だったのです。
知らなかった!! シュアは、噂には、なっていたがどんなもんかなんて、知識も無く。

アップルのイヤホンを手にしてからあまりの音の良さにびっくり、!!

高額イヤホンてどんなのが有るのだろうと言う事になった訳である。