2009年2月5日木曜日

Westoneに魅せられて・・・・。


Westone3サウンドにノックアウトされてしまいました。プラグインしての第一印象は、低域の強さにびっくり独特の中域の音の太さ、高域の艶のある音、UM1を既に使用していたのでこのような表現になっています。UM1は、かまぼこ型の中域に特徴のあるすばらしいイヤホンです。かと言って他社と比較すると低域・高域が薄いかと言うとそんな事は、無いと思います。Westone社の音に惚れ込んでしまうと後戻り出来ませんね。Westone3の高域アコースティクギターの響きには、びっくりしてしまいました。手持ちの数10本でこの音が出るイヤホンは、有りません。そして、UM2を3番目に購入して聞き比べましたが、これもびっくりやっぱりWetone3の方が良いじゃん!!とは、成りませんでした。UM2の見事な鳴りを聞かせてくれました。Westone3と比べてしまうと高域の艶が少し薄く、低域が少しすくない感じますがこちらで充分と思うくらい鳴っています。他社のイヤホンと比較は、無用です。Westoneそのものが極上のサウンドだと感じています。
Westone社の作り出す中音域の音の太さに魅了されたのかもしれませんね。中域にどのように上と下を味付けするかそれを3機種でどう楽しむかみたいな感じかなぁ.イヤーピース交換で音も多少変化します。自分に合うセッティングを探すのも楽しみの一つですからね。比較するイヤホンがあるからWestoneのすばらしさが解る訳で、今後もイヤホンは、買い続けるのですが・・・・・・。
http://hobbyroom.blog.so-net.ne.jp/archive/c5383541-1に投稿した文章。

0 件のコメント:

コメントを投稿